*

廃車無料!高リサイクルを誇る会宝産業って?

ad



  

8月14日は『リサイクルの日』と言われています。

洋服はリサイクルに出す、空き家になって困ってる家があれば
不動産業者に相談してシェアハウスにして貰うなど、
リサイクルにも色々あります。

その中で、昔から問題になってるのが
中古車・廃車のリサイクル問題です。

insideofcar
今回は、お客様から引き取った車を95%の確立で何らかの形に
リサイクルするという会社を紹介します。

どんな車や部品にも、まだ価値はある

家にある乗らない車、
電話一本で、無料で引取、査定、お金も帰ってくるかもしれない。

と考えれば、手放しますね。

その時心配するのが、この世の中手放した車は
業者さんが、適当に儲かりそうな部品だけ抜き取って他は
山奥に不法投棄するんじゃないか、という事。
engne
今回紹介させていただく、
会宝産業は、

自動車リサイクル法を守る業者だけが登録出来る
廃車.comと連携し、リサイクル率9割以上を目指す会社なのです。


それもそのはず最初は解体業者からはじまったこの会社。

どんな自動車でもパーツ化、部品、素材化すれば、
リサイクル出来る。

という考えに行き着いたのは、’91年

クウェートからの顧客が大量に中古エンジンを買い付けに来た事でした。

海外で評価される中古エンジン

それ以来、会宝産業は、国内で発売しても支障が出ないと判断した
独自の整備基準(JRS)を通過したもののみを輸出。

これは’13年に英国規格協会の中古エンジン評価規格『PAS777』を通過。
厳格な整備基準はISOに匹敵する
と言われ、中古エンジンを購入した取引先が、部品を購入する事で、
口コミで取引先が増えていったのです。


こうしてみると、取引先は遥か遠くの外国だけで、
リサイクス技術を学びに来ているのも外国人だけじゃないの、
と思われるかもしれませんが、日本国内でも本格的に
中古車から生まれたリサイクルのヒット商品が出てきています。

愛着あるシートがパソコンチェアに

自動車マニアの人の中には、ドライバーズシートに拘る人は居ますよね?
愛車が廃車になってしまうと判った時。

椅子もゴミになってしまうなんて、忍びないと思いませんか?
070185mae
©kaihosangyo.jp
会宝産業では、
ドライバーズシートをパソコンチェアにするサービス

を有料で行っています。


車を購入した時にレカロのバケットシートにしたという男性は
これは嬉しいサービスではないでしょうか。

元々ドライバーズシートは、人間工学に基づいて作られているので、
長時間座っていても疲れないようになっています。

ウェブ上で既に発売されているものは、廃車時に引き取った車の中で
比較的ヘタりの少ない、商品化できるものだそうです。

いかがでしたでしょうか。
ここ数年、問題になっているのは、父親、祖父、曽祖父が認知症に直面し、
いつ免許証を返納し、愛着ある車を廃車にしなくてはいけないか、という事。


ですが、この様な会社に任されば、安心なのではないかと思います。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【船橋・松戸・鎌ヶ谷】 逆子改善に役立つ日常生活アドバイス

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【サプライズ】間違うと危険!彼女へのサプライズより大事なもの

冬は忘年会、飲み会、クリスマスなど、イベントの多い季節。 お目当ての女性を誘う絶好の機会でもある事

記事を読む

中古マンションをリフォーム、リノべるが気になる

日本の鉄筋コンクリートマンションの寿命はどれぐらいだろうか。 建築会社は、立て替える目安として、

記事を読む

【残りわずか】2013年クリスマスキットおすすめはコレ!

大人気コフレ・キットをご紹介します 2013年、今年もあとわずかですね。毎年恒例のクリスマスコフレ

記事を読む

ドワンゴの受験料撤収には賛成する

ドワンゴは、2015年の新卒入社試験で、2525(ニコニコ)円の受験料を徴収することを発表しました。

記事を読む