*

【リオ五輪】競泳界の澤穂希・金藤理絵って

ad



  

’16年リオ夏季五輪、競泳女子200m平泳ぎで金藤理絵(27:Jaked)が、
’36年ベルリン五輪の前畑秀子、’92年バルセロナ五輪の岩崎恭子に続く
史上3人目の日本人女子平泳ぎ金メダルを獲得しました。

遅咲が故に引退も考えた波乱万丈の選手人生。
何が彼女に金メダルを与えたのでしょうか。

金藤理絵選手って?

金藤理絵は広島県出身。
体育会系の家族の影響で水泳を始め、インターハイで頭角を現し
東海大時代、19歳で’08年の北京五輪に出場。
20160812-00000103-spnavip-000-view
(C)sponichi.co.jp
200m平泳ぎで7位でしたが、翌年の同種目で、
日本新記録を3度叩きだし周囲を驚かせました。

これ程の選手が五輪に出場せず埋もれていた理由は、

気配りが出来る繊細な性格という反面、本番に弱い

という弱点と、’10~’11年にヘルニアを患った事です。

乳酸が溜まりにくく、疲れにくい体質から、
泳ぎこみで成果をあげるタイプの金藤選手。

故障が故に練習量をセーブしなければいけなくなり、
’12年のロンドン五輪の代表選考に落選。
金藤選手は一時引退も考えたそうです。

そんな彼女を救ったのは身内の支えでした。

無我な心に与えられた金

ロンドン五輪の選考に漏れた金藤選手は、両親をはじめとする
身内の方々に引退を表明。

高校の体育教師でスイミングスクールでの指導経験もある
父親は猛反対。

金藤選手は、その後お姉さんの結婚式で、コーチや
スイミングスクールの生徒からの激励のサプライズが
仕込まれていた事で、競技の世界に戻る事を決意したそうです。
金藤10
(C)mikarin1215.com

彼女は、元々勝負に弱いと言われていました。

それは
他人を押しのけてまで勝とうとする厚かましさ、嫉妬、
強かさと無縁で泳ぎたかった

という心の現われだったかもしれません。

それは今回五輪のチームリーダーを務める
彼女の姿勢から読み取れます。

彼女の無我な心が金メダルという最高の栄誉を与えたのでは
ないでしょうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

アクセルとブレーキが一体?注文殺到のペダルって?

高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故が多発している。 その件数は年間6000件以上

記事を読む

土用と節分の意外な関係って?

土用の丑の日と言えば、鰻ですね。 ところで、土用の丑の日に、何故鰻なのでしょうか。 鰻を

記事を読む

超ニッチなのにライバルなし!シートに拘り1世紀?

競争率の激しい分野で勝てばビジネス界の勝者とも限らない。 日本が元々得意としてきた ニッチな分野

記事を読む

定年後に、部下、上司、かつての仲間に慕われるために気を付ける3つの事

30~40代は自覚がないかもしれないが、親世代、60を過ぎると、 仕事と特定の趣味の仲間以外の付き

記事を読む

サントリーが、ウェンディーズに株売却?

サントリーホールディングスが100%子会社・ファーストキッチンの全株式を ウェンディーズ・ジャパン

記事を読む