*

【思い込み危険】思い込みが激しい人が重要な事を聞きそびれる理由とは?

ad



  

思い込みが激しかったり、
話し出すと聞いている人の、相槌もさえぎるほど
喋り散らかす人がいます。

この様な人が、何故人生における重要なチャンスを
逃すのか。
それには理由があるのです。

思い込みは、正しい知識を頭の外に追いやってしまう

ビジネススクールで、
知っている人物の名前にマルをつけなさいという問題が
出題されました。
penbusiness
これにはトリックがあり、出題された名前には

実在する人間の名前も、架空の人間の名前も
巧妙に混ぜてあったのです

すると
自分の意見に自信をもっている、もしくは
主観的である人ほど、架空の人物にマルをした

という結果が出たのです。

これは、人間のもつ『思い込み』を利用したテストです。
何故この様なことが起こるのでしょうか。

素直に『知らない』といえない環境も問題

人間は赤ちゃん以外は、未知の事にぶつかると、
素直に『知らない』と言いづらい環境におかれているともいえます。

たとえば、医者は患者の話をさえぎるまでの平均時間は
23秒といわれています。

お医者さんが後10秒患者の話を聞いていればどうなるでしょう。
患者が病気に関して重要なことを医者にいえるかもしれませんね。

知らない事を、他人から聞きだせる環境を周囲が作ることは
こういう事なのです。

またオフィスや趣味の場に、『知らない、教えて』という人を
おさえこむ人がいないでしょうか。

仕事場に妙な緊張感を持ち込む人のタイプとは

厄介な事に『知らない、教えて』という人を見つけて
『知らないんですか』、『知らないの~』と
イヤミを言う人がいます。


自分に教えを乞いに来てくれるのが内心当然だと思い、
無視されると猛攻撃に出るタイプです。

何かを教えて貰う事に対して、特別な人の
ご機嫌をとらなければいけないという理由は
勤務先でもないかぎりありません。

それを社外でも振り回している方は人間として
強気の小心者かつ卑怯な証拠です。

こうした人が居ると、周囲の人々は不自然な気を
回さなくてはいけないので、
知らない事を迂闊に聞けなくなってしまいます。
sleepbusiness
それはある意味、ビジネスチャンスも奪いますし、
意思疎通も巧くいかなくなるのです。

職場をリラックスさせて、風通しよくすることこそが、
職場の人間同士の、思い込みを捨てさせる一歩なのかもしれません。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【年上部下】定年後の年上部下は何故煙たがられるか

ニ昔前までの職場の悩みといえば、 上司の扱いや職場の人間関係が煩わしいというものでした。 現

記事を読む

2016年度クリスマスイルミネーション関西無料版まとめ

'16年でお開きとなるのが ユニバーサル・ワンダー・クリスマス この日に行きたいというプ

記事を読む

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む

極上の孤独は、何故炎上しながら売れるのか

出版不況と呼ばれる中で、売れ続けているのが、この本だ。 ©gentosya.co.jp

記事を読む

スタバだけじゃない、フランチャイズで楽しめるさくらドリンク

サクラドリンクといえば、スタバというイメージは根強いかもしれません。 ©starbucks.c

記事を読む