*

ad



  

9月上映作品は、続篇やスピンオフが見所です。
その中でもおすすめの作品3つを今回紹介させて頂きます。

035f9aec83fbac7e
(C)kadokawapicture.co.jp

グランドイリュージョン~見破られたトリック~

奇想天外なマジックやショーと同時に、難攻不落な銀行の金庫を襲う、
4人組のイリュージョニスト『フォー・フォースメン』。

彼らの次のターゲットは、ハイテク企業の個人情報売買の暴露。
だが彼らは、エンジニアのウォルター(ダニエル・ラトクリフ)に
トリックを見破られ、一瞬にして中国に飛ばされてしまう。

ウォルターは何者なのか、そして彼の目的とは・・・。

前作『グランド・イリュージョン』でも、最後のドンデン返しまで
目が離せなかったこの作品。

映画の日公開とあり、9月公開の本命となる事は間違ありません。

劇中のマジックに、吹き替えなしなのが見所で、
今回は主演陣の生い立ちなども語られます

(9月1日より全国TOHOシネマズ、MOVIX、イオンシネマ、T-JOYなどで公開)

ハートビート

ジャンルを超えた音楽とダンスがミックスした
新しい形のミュージカル。

NYでプロダンサーになる為に、やってきたルビー(キーナン・カンパ)は、
生活の為に地下鉄でバイオリンを演奏するジョニー(ニコラス・ガリツイン)と出あう。

惹かれあう2人だが、それぞれに危機が訪れる。
ルビーは奨学金剥奪の、ジョニーはグリーンカード詐欺に遭い、
強制送還される憂き目に。

2人はヒップホップユニット『スイッチステップ』を誘い
お互いの夢を叶える為に、コンクールに出場する・・・。

主人公を演じるキーナン・カンパは、ロシア名門の
マリインスキー・バレエ所属のバレリーナ。

その他にも映画では世界でもトップレベルのダンサーが
繰り広げるダンスは圧巻。

(8月20日より、新宿シネカリテ、シネリーブル梅田、
センチュリーシネマで上映中)

チャールズ・ブロンソン主演の’70年代のアクション映画を
ジェイソン・ステイサム主演でリブートした映画の続篇。

孤高の暗殺者アーサー・ビショップは
その緻密な仕事振りから『メカニック』と呼ばれていたが、
今は現役を引退していた。

だが、かつてビショップを裏切った兄弟子クレインが、
世界を股にかけて暗躍する武器商人を事故に見せかけ
暗殺しろと脅迫してくる。

人質をとられ仕事を引き受けざるを得なくなったビショップの命運は・・・。

リブート作は当たらないと言われる中、
前作は見事に原作ファンの心も掴んだこの作品。

前作は原作に忠実だったものが、今回は
ストーリー展開を膨らませている所が見所。

(9月24日より、TOHOシネマズ、MOVIX、T-Joy、
梅田ブルグ7、新宿バルト9、イオンシネマで公開)

いかがでしたでしょうか。
今回は比較的どの劇場でも満遍なく上映している続編ものと、
ミュージカルをピックアップさせて頂きました。

是非、お気軽に劇場に足を運んでみてください。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

のどぬーるスプレー、太田胃散、フェイタス…現役医師たちも頼る!最強の市販薬はこれだ!

医療の最前線で働く現役の医師たちでも体調が悪くなる時はある。 そんな時に彼らが最先端医療にかか

記事を読む

サントリーが、ウェンディーズに株売却?

サントリーホールディングスが100%子会社・ファーストキッチンの全株式を ウェンディーズ・ジャパン

記事を読む

サンデージャポンコラボ、太田光代がワイン発売

テーマは「日本のワイン」 芸能事務所「タイタン」社長の太田さんが、サンデージャポンとのコラ

記事を読む

転ばぬ先の杖で加入出来る?少額短期保険まとめ

痴漢冤罪、自転車盗難、病気でいけなくなったライブ、 旅行に行ったのに全日雨。 『急な病気/けが/

記事を読む

【為末炎上】正論なのに何故叩かれる?根性論を批判した為末氏が叩かれた理由とは?

陸上トップアスリートの為末大氏(35)がツイッターで、 『やればできると言うがそれは成功者の言

記事を読む



PAGE TOP ↑