*

日テレ「明日、ママがいない」のスポンサーに高須クリニックを拒否!受け入れたらメンツが?!

ad



  

WS000058

スポンサーゼロとなった「明日、ママがいない」の広告枠を全部買うと明言した高須クリニックの高須氏だったが、日テレ側に断られたという。

双方に利点がある条件のように思えたが、何故日テレは高須氏の提案を受け入れなかったのだろうか。

それは、スポンサーをコロコロ変えては体裁が保てないという理由だったようだと東スポが報じた。

>>関連記事「明日、ママがいない」スポンサーゼロでも続ける理由が3つあった!日テレの引くに引けない戦い!

【以下引用】

社会問題化している芦田愛菜(9)主演の日本テレビ系連続ドラマ「明日、ママがいない」の新スポンサーに名乗りを上げた「高須クリニック」の高須克弥氏(69)が同局に申し入れを断られた。

高須氏は1月31日、本紙にこれまでの経緯を明かしたうえで、ドラマ内容の変更を検討するという日テレに対して「一気に冷めた。変更しないというからスポンサーになろうと決めたんだから、ガッカリだね」と恨み節。

児童養護施設を舞台にした同ドラマには「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する熊本市の慈恵病院などから非難が殺到。事態を重く見た提供スポンサー全8社は先月29日放送の第3話までにCMを自粛していた。そんななかで新たなスポンサーとして「全部買う」として名乗りを上げたのが高須氏。広告代理店数社に電話し、CM枠の買い取りを提案。数億円の資金を投じ、1社提供も辞さない構えを見せていた。

理論的にはCM放映の中止はスポンサーにとって大損。その損失を肩代わりする形で高須氏がCM枠を買い取るのだから、日テレとスポンサー双方にメリットがあると思われたが…。

「日テレにとって僕の提案は渡りに船。僕はホワイトナイトだよ! 実際、あるスポンサーは『この機に降りたい』とこぼしていた。なのになぜか日テレはNOなんだよ」

高須氏の元には1月30日夜、正式に代理店から断りの電話があった。「どうも日テレ内で会議が開かれて、現スポンサーの降板も認めないし、新規参入も認めないとなったみたい。これじゃあどうしようもない」(高須氏)

日テレ関係者は「要は体裁の問題。スポンサーをホイホイ変えてはいい笑い者。高須さんのプロモーションビデオのようなCMが何度も流れることを良しとしない人もいた」と言う。

東スポwebより

これに対してネット上では・・・

 

などという反応があった。

確かにテレビ局の立場としてみれば、今回の提案を受け入れたとしたら、それは「高須クリニックに救われた」という事になる。そうなれば日テレ関係者のメンツが保てない・・・。

今回の内容変更が吉と出るか凶と出るか、次週の視聴率に注目だ。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

春に散る:沢木耕太郎氏の朝日連載がもたらしたもの

朝日新聞に連載中の『春に散る』が 今月末で終わる。 (C)asahi.com 朝日新聞朝刊

記事を読む

【※心霊写真有り】日本最恐!?千葉県東金の心霊スポット「活魚」

今日(2014.10.29)の心霊番組で、日本最恐の心霊スポットとして「ホテル活魚」が紹介されていま

記事を読む

新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます

いままでビジネス書の依頼は断ってきた著者。 現在育休中というので、引き受けたというのが 判る本だ

記事を読む

エディ・レッドメイン、新作・旧作まとめ

新作『リリーのすべて』が18日より全国ロードショーに なるのに先駆け、9日のジャパンプレミアで

記事を読む

2016年12月公開映画まとめ

いよいよ今年も残す所あと、ひと月。 映画のオススメラインナップも、沢山出てきました。 そんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑