*

ad



  

先月末から大作ラッシュが続く映画ですが、
今月も見所満載の映画が公開されます。
mariannne
©2016 Paramaunt Pictires All Right Receive
お勧めの劇場公開映画をみていきましょう。

劇場版相棒Ⅳ

前作劇場版相棒Ⅲから3年、TVでは『シーズン15』が公開され、
杉下右京の相棒も4代目冠城亘(反町隆史)が2シーズン目を迎えた所で、
映画初登場となる。

7年前、英国日本領事館で集団毒殺事件が起こり唯一生き残った少女
鷺沢瑛里佳(山口まゆ)が、国際犯罪組織『バーズ』に拉致された。
しかし日本政府は事件を闇に葬り去ったままだった。

7年後の現在『バーズ』のリーダー・レイヴンの右腕の
黒衣の男(北村一輝)が、
警察に身代金を要求してくるが、警察は拒否。
『バーズ』は、50万人の観客が集まるスポーツの祭典パレードで
化学兵器を使い、無差別大量テロを企てようとする。

レイヴンの狙いは何なのか…。

ファンにとって懐かしいキャスティングは、
二代目相棒・神戸尊(及川光博)、元鑑識・米沢守(六角精児)の復活だろう。

総務部の社(仲間由紀恵)が、瑛里佳を密かに追っているエピソードは、
『相棒シーズン15』の冒頭部分、社と冠城の取引を見れば一目瞭然だったが、
ここに絡んでくるとは、誰も予想しなかったはずだ。

それだけに他の豪華キャストと複雑な伏線がおりなす、
今回の映画は楽しみである。

マリアンヌ

時は第2次世界大戦中の欧州。

英国諜報員のマックス(ブラット・ピット)と仏軍レジスタンスの
マリアンヌ(マリオン・コティヤール)はカサブランカで出逢い
互いの目的がドイツ大使を暗殺する事を知り、夫婦を装い任務を完了する。

その後、ロンドンで再会した2人は、結婚し子供を設けるが、
マックスの上官は、マリアンヌに二重スパイ容疑がかけられている事をつげ
彼に暗殺命令を下すのだが…。

ブラピとアンジーの泥沼離婚騒動の引き金になったとも言われている
実話がベースの映画。

監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ』
『キャスト・アウェイ』で知られるロバート・ゼメキス。

その一方で、デンゼル・ワシントンを起用し、
辣腕ながらアル中に苦しむベテラン操縦士の苦悩を描いた
『フライト』も見事だった。

今回は視覚面、ドラマ面両方で、ゼメキスの腕が期待される。

(2月10日より東宝東和系で公開)

世界で一番のイチゴミルクの作り方

平々凡々を良しとする、ドイツの田舎町の問題児たちが繰り広げる
ナゾの『おじいちゃん救出作戦』って?

ドイツ中心部の村ボラースドルフは、目立つことを好まず
平々凡々が美徳だった。

その中でも、リーケ、マックス、レネ、ポール、スーゼ、ベンの
6人の幼稚園児とアカハナグマのクアッチは『悪ガキ軍団』として
目を付けられていた。

おとぎ話に出てきそうな村に、ある日、スーパーマーケットが
モニター調査にやってきたが、ノリノリで参加した老人が、
村の役員に目をつけられ強制的に老人ホームに入れられてしまう。

悪ガキ軍団は、自分たちのおじいちゃんを取り戻す為、
いざ老人ホームに乗り込んでいくのだが…。

面白おかしいコメディかと思いきや実はそうではない。
子供の可能性を潰さないアイデアが映画の中に詰まっていて
面白いので、これは先にお母さんが見て、後で、DVDを
買うのがお勧めだと思う。

(2月11日より全国の109シネマズ、シネ・リーブル梅田他順次公開)

素晴らしきかな、人生

深い喪失感に覆われた富豪の心が再生するきっかけをつくったのは、
見知らぬ人物との出会いだった…。


広告代理店の経営者ハワード(ウィル・スミス)は6歳の愛娘を
亡くしてから、深い喪失感にかられ、仕事でも失敗、妻とも別れ、
同僚からの心配の目線も届かない。

そんな彼の前に現れたのは、3人の奇妙な舞台俳優。
彼、彼女らが教えてくれた、再生へのヒントとは…。

『7つの贈り物』では、大事な人を亡くした後、自分の臓器を提供できる
人間を選んだ後、死を選ぶ富豪を演じたウィル・スミス。

だが、今回はそれとは反対で大事な愛娘を演じた富豪が
見知らぬ人々の手により『魂の再生』を果たす物語だ。

それを彩るのが、数々のDCブランド。
『プラダを着た悪魔』の監督が手掛けただけあり、NYの街並みを舞台に
そのファッションセンスは目を見張るものがある。

(2月25日より、新宿バルト9、梅田ブルグ7、MOVIX他、東映系映画館で公開)

いかがでしたでしょうか。

来月も、以前から噂されていた大作が目白押しです。
是非とも映画館で観てみたいですね。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

史上最悪の米大統領選・選挙制度が複雑すぎる…

米大統領選が、今月8日夜(日本時間9日午前)から開票された結果、 共和党ドナルド・トランプ(70)

記事を読む

【豪栄道】全勝優勝その表と裏

先日行われた大相撲秋場所千秋楽で、 大関・豪栄道は、琴奨菊と大関同士の一番に勝ち、全勝優勝。

記事を読む

あなたは私の宝物ですから・・・【ごちそうさん】

ごちそうさんから目が離せない NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」の週平均視聴率がつい

記事を読む

【終活】お墓が危ない!霊園倒産?離檀料数百万?

お盆やお彼岸にお墓参りをしている人であれば、貴方の先祖代々の墓地がきちんと管理されているかどうかチェ

記事を読む

1000円代で使える廉価版万年筆

売り場で一度は目にする安い万年筆。 昨日はメーカーの高い物と遜色ないものですが材質が違うだけの

記事を読む



PAGE TOP ↑