*

【クリスピー・クリーム・ドーナツ】まさかの意図的閉店?これからどこへ?

ad



  

あんなに人気あるのに、まさかの閉店。
『行列のできるドーナツ店』
クリスピー・クリーム・ドーナツ店が、

意図的閉店になってるらしい

’15年11月には全国に64店舗あったのが、
’16年4月以降からは47店舗まで削減

どういう事なんだろうか?

大都市店舗は残す?

クリスピー・クリーム・ドーナツは、
1937年に米国で創業。

国際展開したのは’01年からで、日本が
フランチャイズ契約(以下:KKDJ)したのは’06年。
’06年末に東京新宿に1号店をオープン。
kkdjshizyuku
現在もこの店舗はあるが、開店当時の行列は

只事ではなかった

KKDJは、東京、大阪、名古屋などに店舗を展開。
限定店舗で出店するなどの試みも積極的に手がけていた。

それだけに今回の閉店騒動は、ファンにとって
晴天の霹靂でもあれば、もしかしたら・・・という二面性もあった。

本当の所ライバルはミ○ド?

’16年末には日本上陸10周年を控えている、KKDJ。

若月副社長は、既に日本に根づいている既存のドーナツ会社の様に、
KKDJを20年、30年愛されるブランドに育てる事が目標だという。

その為に、
1:東京・名古屋・大阪の三大都市圏で、現在収益のある店舗を残す。
2:新規展開は、限定店舗、もしくは地域に絞る
3:マニュアル通りにすれば、どの店舗でも滞りなく業務が行え、
業績が見込める運営システムを展開する。

・・・と言っているのだが、これが総て可能なのだろうか?
特に難しいのが、3番目である。

サービスというものは、ある程度時間をかけないとトップ及び、
彼らを支える人材は育たない。


マニュアルにある事しか遂行できない雇われ店長では、
話にならない事は、どの業界でもある。

どのドーナツも同じと思われていたらおしまいなのだ。

コラボ商品・限定店舗で生き残り図る?

本国では、食料品店やコンビニでも売ってる、このドーナツ。
本社こそ米国だが、
店舗の7割以上は国外にある

weddingtower1blog
ちなみに英国では、写真の様にウェディングケーキならぬ
ウェディングドーナツなんてサービスもある。

この様なアイデアも、元を正せば、どこかの支店の店員が
マニュアル抜きに考えた事かもしれない。

そんな中、日本は地方へ出店するらしいが、
今年3月には、早速鹿児島に初出店している。

また限定店舗として、阪神競馬場の様に、
コラボ商品が作れる場所を選ぶという試みも面白い。


コンビニや既存の業種と差別化していく

と強気な副社長だが行く末はどうなるのだろうか?

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

6月公開の洋画オススメ・ベスト3

GW以降公開された映画のラインナップを見てみると、 洋画ファンとしては、単館系で公開されたものは、

記事を読む

【悲報】テレ朝『日曜洋画劇場』完全消滅、本当のサヨナラ

今月7日にテレビ朝日(本社・東京港区六本木)が発表した4月の番組改編会見で、'66年より続いていた『

記事を読む

土用と節分の意外な関係って?

土用の丑の日と言えば、鰻ですね。 ところで、土用の丑の日に、何故鰻なのでしょうか。 鰻を

記事を読む

相手を無碍にしないダメだしの注意点

部下や上司から提案を前にしてダメだしをしなければいけない場合は辛いですね。 相手の意見を無碍に

記事を読む

スタバだけじゃない、フランチャイズで楽しめるさくらドリンク

サクラドリンクといえば、スタバというイメージは根強いかもしれません。 ©starbucks.c

記事を読む