*

Facebookグループ疲れを取り除くには?

ad



  

Facebookのプロフィールを更新し、友達ともやりとりしていく内に、
サイドバーに、Facebook側が、貴方にお勧めと称して、
様々なグループを紹介してきます。

自分にぴったりなグループがあれば入ればいいのですが、
入った後に、人間関係や規約などが原因で、疲れ、
去っていく方もおられるようです。

折角の交流のチャンスを逃してしまう原因は何でしょうか。

グループには3通りある

FBのグループは、3つあり、所属してるメンバーも内容も
グループ外の人も見れる『公開』、
内容はグループ以外の人は見れない『非公開』、そして
グループも内容も外から判らない『秘密』があります。
groupnukeru
FBで知り合う以前の友達同士が情報や写真をシェアする場合は
秘密という方法を取る事が多い様です。

今回のケースは、公開、もしくは非公開のケースに的を絞って
紹介致します。

公開にしても非公開にしても、管理人が居る場合は、
管理人の承認を経てから参加が可能です。


礼儀として自己紹介はした方がいいでしょう。

参加する前に、どの様な感じのグループで、
どんな人は管理人を務めているのか、把握しておいた方が
いいと思います。


提案したい事を気軽に管理人に相談できる雰囲気の
グループを選ぶ事をお勧め致します。

では、お勧めできないグループはどんなグループでしょうか。

不満や慣れないがあるグループはお勧めできない

お勧め出来ないグループは、
決まり事が多い、全ての参加者が気軽に意見出来ないなど
苦痛を伴うグループです。

また参加者の人数に関わらず、投稿しているメンバーが常に
同じ面々で投稿頻度が極めて高い場合も、お勧め出来ません。

新しく入会された方に
既に出来上がっている人間関係と雰囲気に馴染め
と強要している様なものです。
snsningenkankei
運営上の問題点や意見、疑問点があって指摘しても、
文句があるなら去ってくれと言われたのであれば、
無理をして留まるべきではないでしょう。

何故ならその手のグループは、過去に何等かの不満が原因で
立ち上げた可能性のあるグループかもしれないのです。

では、お勧め出来るグループはどの様なものでしょうか。

縛られない交流をするグループがお勧め

お勧めできるグループは、
所属しているだけでもいい人と、投稿する人、イイネする人の
3タイプが共存できる空間です

以前、SNSもLINEもアメブロもやる暇がない人は、
グループに入る資格はないとグループ内で暴言を吐いた女性が居ました。
彼女は、携帯の機種により特定の投稿が見れない人が居ても、
『私のは見れた!』と意見を曲げないとんでもない人でした。

グループに入ってる人全員が、毎日彼女の様に、
日がら年じゅうFBのグループのタイムラインをチェックしているでしょうか?
はたまた彼女と同じ機種でFBをチェックするのでしょうか?
違いますよね?
snstsukare
この様な思いやりが欠落した人が居ないグループを
選ばれる事も、お勧めできるグループの一つです。

ただ、こうしグループ内での人間関係や発言は、
一旦入会してみて、よくチェックしてみないと判りません。

グループは水にあわなかったけれど、
個人的に連絡を取りたい相手がいたとすれば、
グループは、退会し縁を切り、メッセンジャーでやりとりする
という事も出来ます。

グループに縛られたくない、疲れたくない人には、
メッセンジャーでの交流もお勧めいたします。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

アットルーム・生活お役立ちビデオ「設備トラブル対応法/電気」

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【大相撲春場所】稀勢の里優勝!横綱が与えた勇気

大相撲春場所千秋楽(26日エディオンアリーナ大阪)は、新横綱・稀勢の里(30)が優勝決定戦で、大関・

記事を読む

コインランドリーで靴が洗える!汚れは落ちるのか?

洗濯機でスニーカーが洗える?! 友人から聞いた話なのだが、現代は便利な世の中で、コインランドリーに

記事を読む

【お泊りデート】お泊りデートのメイクで気を付ける事は

イブイブ、もしくはイブの夜は『お泊りデート』という女子も多いのでは、 そんな時に、 素顔を彼

記事を読む

癒しの音楽~【ストレス・不安解消】幸せ物質セロトニンを増やすθ波~|Healing music~Increase the happy material serotonin~

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む



  • Sorry. No data so far.