*

【子ども食堂】子どもたちに暖かい食事を、子ども食堂って?

公開日: : 最終更新日:2016/01/29 暮らし, 政治, 学び, まとめ , , , , , , ,

ad



  

私が小学校の時でも、学校の長期休暇中に、やせ細る子が居ました。
八百屋の子でしたが、その男の子は、お母さんに、


給食で沢山たべておいで。
家にはないから。

…と言われていました。

私の世代だけで、この話が終わったわけではない
事実が、今も起こってます。

原因は社会の不安定さから来る親の格差

親世代の雇用不安定、格差の広がりが顕著になった
’90年代から子どもの貧困問題は取り上げられてきました。

様々な事情により、子どもの給食費や部活費が払えない、
という事が、重なり、


このまま同じ地域に住み続けて我が子に理不尽な
不平等や格差を味わわせるぐらいなら転校させる

事を仕方なく選ぶ親御さんも多いのです。

そんな中、昨今では、暖かい食事を
満足に食べられない。

明日の食事さえ約束されていない子どもたちが
大勢居ます。

こども食堂が本格的にはじまったのは

そんな中、各地のボランティアが始めた
明日食べるものに困っている母子を救う
取り組みではじまったのが、

子ども食堂です。

地域で、食事に困っている子供たちを支える活動が
全国ネットで広がるきっかけとなったのが、2012年に
dandan
元歯科衛生士の方が東京都大田区に開いた、
無農薬野菜店『だんだん』で開催した
こども食堂でした。

元々週末だけの野菜配達店だったこのお店、
こども食堂だけではなく、部活の為に勉強をする時間を
確保できない子どもの為にイベントスペースを寺子屋として
活用する事もしています。

全国に広がるこども食堂

現在では首都圏を中心に、関西、九州などで
こども食堂が、開かれています。

以下が主に、メディア等で挙げられている
『こども食堂』のまとめになります。

『ねりまこども食堂』(高校生まで無料:
大人300円)
(練馬区信州大谷派:真宗会館月2回、午後6時から)
『ダイコンこども食堂』
(高校生まで無料:大人300円)
(練馬区春日町南地区区民館:第1・第3月曜日17:30~20:00)

『要町あさやけ子ども食堂』
(幼稚園~高校生まで:300円)
(豊島区要町:第1、第3水曜午後5時半~)

『地域リビング・プラスワン』
(NPO法人『ドリームタウン』)
(東京都板橋区高島平団地:第4水曜日の夜、
子どもに無料で夕食を提供)
thida
『てぃーだこども食堂』
(沖縄県浦添市・浦添小学校横:毎週土曜日2~4時)

『ももやまこども食堂』『ももやまこども食堂』
(沖縄市諸見里1-11-20:旧桃山コーヒーハウス:土曜日)
yasai
『桃谷こども食堂』
(第2週と第4週の金曜日:無料)
(大阪市天王寺区勝山:旧やさいのこころ)
野菜卸による元レストランが運営する、こども食堂。
趣旨に賛同した農家や食品会社から無償で食材を仕入れ、
小中学生を対象に月2回開いています。
『寺子屋方丈舎』
毎週水曜日:16時30分から20時まで:無料)
不登校の子などを支援する、寺子屋方丈舎が、コープあいづから
食材無償提供、クラウドファンディングではじめました。
kurume
『くるめこども食堂』(月最終日曜日:カレーライス:300円)
(福岡県久留米市商店街イベントスペース)

『よのなか塾』
京都府舞鶴市場のNGO法人で、1人親や困窮家庭の子供、
生涯のある人の授業料を全額免除にしている学習支援施設。

この塾では、15年11月から試験的に、こども食堂を導入。
12月からは毎週月、水、金の三日、勉強を始める前の
午後6時に、一食あたり子供200円、大人300円でやりくりしている。
NGOの助成金が頼りだが、それでも足りないのが現状だそうだ。

お寺や、団体が参加しているものも

お寺や、団体が参加しているものになると

『おてらおやつクラブ』

というものがあります。

宗派を超える200以上の寺からなりたつ、
檀家さんへのお供え物を、子どもたちへ
お裾分けする活動です。
第5弾_古本勧進ロゴ
1月末まで、古本、書き損じ年賀状が寄付になる
キャンペーンも行なっています。

滋賀県では、
『淡海子ども食堂』モデル事業として、
『孤食』になりがちな家庭の子供を
ボランティアに参加させるイベントを
積極的に行なっています。

年末年始にかけて、大阪、福岡、首都圏で
こども食堂が、イベントも含めて開催される予定です。

これを踏まえて、首都圏のNGOでは、
こども食堂を開くのであれば、

そのあり方や、運営方法、こどもの自立を視野にいれた
フォーラムや、セミナーを随時開催しています。

こども食堂で、暖かい御飯をたべた子どもたちは、

食材の味を覚えてくれるだけでなく、
自分の事を暖かい御飯で迎えてくれる人が居るという
自己肯定感に満たされるのが、いい所です。

こども食堂は、いわば、

こどもが困った時の駆け込み寺

であり、行政のサービスに期待できない現状に対する
私たちのあり方なのかもしれません。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

新党は既得権益の打破?どうして?既得権益とは

みんなの党を離党した江田憲司が、民主党・細野、維新の会・細野などと「既得権益を打破する会」を設立した

記事を読む

【ビデオテープ】案外知られていない?ビデオテーブの処分・分別の仕方。

昭和、平成の始めの時代には録画媒体として全盛を誇っていた ビデオテープも無用の長物。 今年に

記事を読む

会話泥棒・カタラーから逃れるには?

皆で平等に話して盛り上がっていた話が、 いつの間にか、その場に居た一人が主導権を握り ベラベ

記事を読む

風邪に心身の休養が必要な理由

大事な仕事があるのに、風邪やインフルエンザになって 悪化してしまった。 そんな事はないでしょ

記事を読む

突然リア充アピは実生活の闇の裏返し?

つながりを頻繁に投稿する人は寂しい人?実生活で繋がりを感じる事が出来ていればわざわざネットでしか繋が

記事を読む