*

冬の電気代金の節約方法はこれがおすすめ!

ad



  

皆さんは毎日節電をしていますか?冬になると暖房の費用などで電気代がかさみますよね?そこで今回の記事では上手な節電方法をご紹介しましょう。
みなさんもこの記事を参考にして冬の電気代を節約して下さいね。

20110104165625

LEDに切り替える

実は通常の電球に比べてLEDは消費電力が低いのです。最近のLED電球は改良が進み、通常の白熱灯と同じ明るさであると言ってもいいと思います。
さらに4万時間程度持つものもありかなりお得になっています。通常の白熱灯よりは多少値段が張りますが、LED電球にすると節電になります。

暖房の温度を1度下げる

暖房の温度と電気代の節約の関係についてですが、一般的に冬に暖房の温度を1度下げると10%節電できると言われています。これは大きいですよね。
また、暖房の設定は自動調整にすると一番電気代が節約できると言われています。意外なテクニックとしては部屋の中でコートを着てしまうことです。そうすることで暖房の温度を下げてもある程度は快適に過ごすことができます。最近は着る毛布や着る寝袋などが発売されていますので暖房の温度を下げることと、そのような衣服をきるといいかもしれませんね。
また、注意したいのはタイマーです。寝る前にはタイマー機能を利用して暖房を設定しましょう。その際には毛布や掛け布団に注意して十分に寒くないようにしておくのがポイントです。朝寒いときはふとんやベットの横に着る服を置いておくといいでしょう。

部屋で着る寝袋を着るようにする。

このことは意外と知られていなのですが、今密かなブームになっているのが部屋できる寝袋です。これは野外でテントの中で寝る際に寒くないように作られている寝袋を自分の部屋で着ることができるようにしているものになります。
これはかなりの暖房の節約になるでしょう。価格は1万円台とある程度は高額ですが、冬の時期に暖房代の節約を考えるとあってもいいと思います。9月から3月にかけて使用すると考えると暖房の節約にはおすすめですよ。何とこの部屋で着る寝袋を購入して冬でも暖房を使わなくなったという人もいるぐらいなのです。
さらに着る寝袋という名称の通りに眠くなったらそのまま寝ることができるのだとか。これは素晴らしい商品ですね。この冬は着る寝袋を購入してみてはいいかがですか?価格もお手頃ですよね。

着る服に気を付ける

これは意外と盲点なのですが、今は色々な服や暖かい素材で出来ている服があります。例えばヒートテックやまた、暖かい靴下を履くようにするだけでも全然違います。
意外と盲点なのが足元です。まだまだ床暖房を入れている家は少ないでしょう。
なので、モコモコのスリッパや部屋で履く冬用の部屋靴というものがありますのでそのようなもの購入すると寒さが和らぎます。

待機消費電力

これはいわゆるコンセントに挿しっぱなしで発生する電気代になります。
これはその月の10%がこの待機消費電力であると言われていますので、できるだけコンセントをぬくようにするとベストです。
一度にコンセント待機消費電力をカットしたい場合は延長コードなどを使用するといいでしょう。一度自宅のささっているけれど使用していないコンセントを見なおしてみるといいかもしれませんね。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【サプライズ】間違うと危険!彼女へのサプライズより大事なもの

冬は忘年会、飲み会、クリスマスなど、イベントの多い季節。 お目当ての女性を誘う絶好の機会でもある事

記事を読む

錦糸町駅周辺の酒屋さんまとめ!

錦糸町駅周辺の酒屋さんは10軒、JR駅前、国道465線沿い、蔵前橋通沿い、国道14号線沿いにあり

記事を読む

津田沼駅周辺の酒屋さんまとめ!

津田沼駅周辺8キロ圏内には11軒の酒屋さんがあります。 駅前徒歩1分、京成津田沼駅前徒

記事を読む

定年後に、部下、上司、かつての仲間に慕われるために気を付ける3つの事

30~40代は自覚がないかもしれないが、親世代、60を過ぎると、 仕事と特定の趣味の仲間以外の付き

記事を読む

疲労回復の音楽~【α波睡眠】疲れが取れる熟睡モードへの安らぎのリラックスBGM~|Music of relieving fatigue~Alpha wave sleep~

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



PAGE TOP ↑