*

定年後に、部下、上司、かつての仲間に慕われるために気を付ける3つの事

ad



  

30~40代は自覚がないかもしれないが、親世代、60を過ぎると、
仕事と特定の趣味の仲間以外の付き合いがなくなってしまう。

だから50前後になって、男性は必死で一生できる仕事なり、趣味を超えて自分と付き合ってくれる友達を探そうとするのだ。

仕事や特定の趣味では、部下後輩、仲間がいたとしても、それ以外で飲みに行ける友達を数えたら5人も居ないという事はないだろうか。

TVドラマ『DOCTORS~最強の名医~』で、沢村一樹演じる相良医師は、例え医師を辞めたとしても、彼の人柄を頼る人がいるかもしれない。

だが高嶋政伸演じるボンボン外科医・森山 卓とは『出来れば病院外では口もききたくない、話題にもしたくない。』と思っている医療スタッフが多いはずだ。その点が笑いとなりあの番組は持っている。

現実問題として、男性であれば、定年後も元部下、元後輩、そしてかつての趣味仲間に、気を使わせる事なく慕われるのであれば、気を付けるべき事がある。それは何なのか。

見下さない、手を出さない、受け入れる

部下や後輩が、定年後離れていくワースト1は、『自分より目下』と思うものを見下している事だ。
同じ部署で働く人の年齢差も地位も気にせず、全員尊敬していると言い切れる人がいるだろうか。

40前後の男性に聞いてみると、価値観や立ち位置の違う人は、あえて無視をしたり、心の中で見下したりしている事が判る。

普段から上司や先輩が部下や後輩に対し『使えないヤツだ』と思っていると態度や、ひょんな言動に出てしまう。

上司や先輩の思っている事を事前に察して行動してくれたり、ハイハイと聞いてくれる召使のような部下に囲まれていると、人間は育たなくなる。

人は自分より立場が下の人より目上の人に対して気を配る様になっている。上司や先輩は、その反対なので、自分のミスに気が付かないのだ。

勇気を出して異議を申し立てくれる部下は上司を『謙虚で有能』にしてくれる貴重な存在だといっても過言ではない。

現役時代有能と評価された人は、管理職になると部下の仕事のアラが気になって仕方ないだろう。そこで有能だった上司は、部下の仕事の進捗が気になるあまりに手を出してしまう傾向にある。

部下が自分の思う通りに動いてくれないからといって、口出し、決めつけ、仕事の仕上げまで全部やってしまうのは、部下や後輩の人間性を否定してしまう事になるので、部下や後輩の心が上司から離れていく原因となるのだ。

反対に、指示の出しっぱなしで、フォローがない上司や先輩も、いい加減な人間だと後輩や部下から思われている。これで部署の企画がしくじった時に、一方的に部下や後輩をなじったり、1人で怒っているような上司であれば、信用はうしなわれるだろう。

部下の仕事は心棒強く見守り、本当に部下や後輩が困っている時だけ、お昼やお茶の時間を一緒にして悩み事を相談するのだ。

アドバイスがクソバイスになっていないか?

部下や後輩が上司や先輩と飲みに行く時は、騒ぎたい時もあるかもしれないだろうし、仕事上の悩みの解決の糸口を探りたい時でもあるかもしれない。そんな後輩や部下の気持ちもつゆ知らず、
呑みの席で『俺哲学』を語る上司や先輩は頂けない
部下は別にそんな事を期待していないからだ。

部下が仕事上のアドバイスを聞きにきたのに、上司が『若いうちは女でどんどん遊んだほうがいいぞ』『男の友情は恋愛の修羅場よりも強い』と即アウトな説教を飲みながら仕出す様な上司は、定年どころか、在職中に部下や後輩から軽蔑される。

これらの上司や先輩は、いくら仕事ぶりが有能であっても、人間性に問題がある。FBの公開投稿に、40を過ぎてグラビアアイドルやアニメの画像を堂々と張り付けてシェアする男性上司は。定年後が危ない。

物事の判断基準は『自分の経験した事だけ』なので、その範囲を超えたものに関しては知ろうとしない、必要とも感じない、知識や品格にかけるから、この様な説教しかできないのだ。

この様なクソバイスをする男性上司は30~40代から現れるが、彼らは社会人3年目ぐらいに仕事で出世しそこねたバブルオヤジにエロネタとお酒で巧く絡み、出世コースに乗っているだけなのだ。

そこで『お前は判っている』『お前には素質がある』『判っているオレたちが世の中の全てを教えてあげよう』と引き継がなくてもいい仕事の何の役にも立たないクソバイスを人生の先輩から継承している。

部下や後輩たちは、こんな先輩たちを見て『この人は使えない、ダメな人だ』と見下す。その一方で上司や先輩は『彼らとは飲み会でいい関係が築けた』と上機嫌なのだ。

人間そのものを磨かなくては人は離れていく

人間そのものを磨かなくては、定年後や、特定の趣味がなくなった後も、友達付き合いを出来るわけがない。
話や態度に一貫性がない人は、何かあった時が運の切れ目だろう

私の知り合いで、仕事ぶりも有能な40代の男性が居るが、彼は言う事がころころ変わる。直感でモノをいい、態度を変えるのかと言わんがばかりだ。
周囲を悪者扱いして生き残る事にも長けており、FBのグループも職場も人間関係で辞めていたり、最悪の場合上司を貶めたりした。

この様な人間は、それこそ仕事以外では距離を置きたいだろうし、今現在特定の趣味を通じて知り合っている人でも、一定の距離を置くか、何かあれば離れたい典型なのだろうと思う。

いかがだろうか。
無職となったり、特定の趣味がなくなったとしても、貴方に逢いたいといってくれる人はいるだろうか。
ちなみに筆者の父は、会社の重役で不愛想の極みだったが、なくなる数年前に利害関係が全くない1人の親友が出来た。そういう親友をもつことが幸せの一歩なのだろうと思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【生活の知恵】こびりついた洗面シャワーの汚れを綺麗にする方法

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

世はまさにタブレット戦国時代?!タブレット教育の浸透

タブレットが教育現場でますます浸透 iPadの登場で「タブレット」というカテゴリーが市場で認知され

記事を読む

史上最悪の米大統領選・選挙制度が複雑すぎる…

米大統領選が、今月8日夜(日本時間9日午前)から開票された結果、 共和党ドナルド・トランプ(70)

記事を読む

【敬老の日】敬老、お彼岸に見たい映画3作

敬老の日や、お彼岸といえば、 お年寄りを労わりましょう。 と昔は言いましたが、どうでしょうか

記事を読む

日馬富士暴行事件・2通の診断書の謎・貴ノ岩は重症じゃない?

第70代横綱・日馬富士の暴行・引退疑惑が止まらない中、金曜日午後、日馬富士本人に対する取り調べが始ま

記事を読む