*

のどぬーるスプレー、太田胃散、フェイタス…現役医師たちも頼る!最強の市販薬はこれだ!

ad



  

医療の最前線で働く現役の医師たちでも体調が悪くなる時はある。

そんな時に彼らが最先端医療にかかってるか、もしくは開発されたばかりの新薬を進んで試しているかと言われるとそうではない。

激務の合間に専門医にかかる事も出来ない医師たちは、ちょっとした病気であればドラッグストアで売っている市販薬で治してしまう事もあるのだそうだ。

現役医師たちは医療の専門家だけあり、自分で購入し飲む薬、避けるべき市販薬を成分を見て判別しているという。

では現役医師はどんな市販薬を常備薬としているのだろうか。

総合感冒薬を服用しない理由

医者が買わない市販薬の1つが、総合感冒薬だ。

患者が風邪で来た時には、総合感冒薬を処方するのに何故だと思う人も居るだろう。実はベンザブロックや、ルルなどの総合感冒薬は、長期間服用すると認知症を悪化させるリスクが高いという結果が英国の医療機関で指摘されているのだ。

風邪で処方される咳止めも、元をただせば脳の中枢神経に働きかけ咳の出る神経を麻痺させるもの。よき医師は薬は毒にもなる事を理解しているので、最小限しか出さない。

その他にも咳止め系で、抗ヒスタミン系の薬は便秘をまねくことがある。

そんな現役医師たちは、マスク、うがいを徹底する。
うがいは風邪やインフルエンザ流行時には1時間に一回、イソジン(ムンディファーマー)でという徹底ぶりだ。

それでも風邪の初期症状である倦怠感や鼻水が出た時には、葛根湯エキス顆粒A(クラシエ)を服用し、規則正しい生活を心掛けるそうだ。ただし悪寒がする場合は麻黄湯らしい。
熱が出た場合は、ロキソニン(第一三共ヘルスケア)を寝る前に飲み、免疫力低下を防ぐという。

ただし三日熱が引かない場合は鎮痛解熱剤を飲まない事だ

三日熱が下がらない場合は、インフルエンザ、はしかなど全く別のウィルス性の病気が潜んでいる場合がある。医師が風邪の患者に抗生物質を処方するのは『別の病気に罹患するのを防ぐため。』だ。

これらのウィルス性の病気だった場合は、市販薬で抑え込もうとせず、ただちに病院に行き、抗生物質を処方してもらう事だと医師たちは言う。でないとウィルス性脳炎になる危険性があるからだ。

その他にも、医師たちは処方箋にはないが、優秀だと述べたのが、のどぬ~るスプレー(小林製薬)だった。

のど風邪に特化した薬が処方箋にない中、患部を直接消毒するスプレータイプのこの商品は重宝する医師も多いという。

ただ医師たちは『初期の初期の段階で、先手をうって風邪対策を行っている』から出来る事だと言える。

では消化器系の市販薬ではどの様な薬を常備しているのだろうか。

消化器系こそロングセラーに頼る医師たち

消化器系の常備薬こそ、ロングセラーに頼るのが現役医師たちだ。新薬の中には即効性はあるものの効き目が強すぎたり、服用をやめた途端に症状がリバウンドするものがあるからだ。

それならば体に穏やかに作用し、なおかつ効果も持続する薬を選び、普段の体調管理に気を配る方が良いという事である。

中でも現役医師たちが常備しているのは漢方系の胃薬や正露丸、整腸剤である。

太田胃散、大正漢方胃腸薬、セルベール、キャベジンなどは幅広い分野に使われ、飲みすぎ食べすぎだけでなく、ストレスからくる胃もたれにも使っている医師も多いという。

最近あまた出てきた下痢止めは腸の動きそのものを止めてしまうので体にはよくないというので、医師たちが勧めるのはビオフェルミン、ミヤリサンなどの整腸剤と、正露丸だ。

正露丸は、木酢液を蒸留する時に得られる液体を固形にしたクレオソートが原材料。正露丸の原料となるクレオソートは工業用でない事が判明しているので安心して服用できるそうである。

反対に『限定条件』で使ってもいいという『お助け薬』がガスター10(第一三共ヘルスケアだ。
胃酸過多を抑えるH2ブロッカーという特定の物質に働きかける論理的薬効に、胃もたれを抱える人々は飛びついたが、医師たちは体の中のヒスタミンに働きかける薬効に疑問を持っているらしい。

体の痛みを感知するヒスタミンを抑え込んでしまうのが薬効に入っている為、服用をやめた途端に症状がリバウンドしてしまうのではないかと危険視する人も多いからだ。

では、その他にも、医者でも肩こりやめまいといった生活習慣病になやまされるはずである。湿布などどんな外用薬を使っているのだろうか。

何故フェイタスZが人気なのか

湿布では、モーラス、ロキソニンを抑えてフェイタスZ(久光製薬)を使う医師が多かった。同じNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)にも関わらず、医師と患者で意見が真っ二つなのは何故なのか。

フェイタスZの主成分であるジクロフェナク(ボルダレン)は坐薬に使われる程、即効性と持続力がある。最高で8時間効果が持続するという事もあり、医師が使っているのだとみられる。

虫刺され、湿疹などで、やむを得ずステロイド入り軟膏を使わざるをえなくなった時、ドラッグストアに山の様に並ぶ軟膏を見て、どれを選んでいいか判らなくなった人は多いのではないだろうか。

皮膚科医が勧めるのがベトネベートN軟膏(第一三共ヘルスケア)だそうだ。

これはステロイド+抗生物質ながら、値段は700円未満の使い切りサイズというもの。処方箋ではリンデロンVGに匹敵するもので、リンデロンVGを処方されていた人にもおすすめである。

湿疹、虫刺されがでた時に早めに少量使い、1~3日以内に治し切る事、5日以上使用しない事を目標に使うといいとしている。

これらの季節、水虫には注意したいが、こちらも2000円ぐらいする薬こそ効果があるのかといえばそうでもない。
1000円ぐらいのオーソドックスな薬をこまめに塗り続ける事と、いつも使うタオルや、履いている靴下や靴を清潔にするなどで、完治する見込みがあるという。

医師がオススメなのがラミシールATクリーム(グラクソ・スミスクライン)だ。1000円未満の薬だが、患部に塗り込み、治った後も2週間以上塗り込むとさらに効果が期待できるという。

目薬もここ5年程、格差が広がり、1000円超えや、1本ずつ使い切りのもの、300円の廉価なものまで様々なものが並んでいる。
結膜炎など眼病を抱えていない限り、1本ずつ使い切りのものを使う必要はないというのが眼科の指摘だ。

医師のオススメは、スッキリ系であればサンテメディカル12(参天製薬)だという。一般目薬最大12成分を配合し、栄養分を補ってくれるからだ。

廉価版の勇者といえばロート・ビタ40(ロート製薬)になるだろう、安い所だと200円代で購入できるが、眼科は、これこそ一本常備して大丈夫という。何故なら防腐剤フリーで、血管収縮剤が入っていない目薬だからだという。

最近の市販の目薬のトラブルで多いのが、目薬を差した直後は白目がクリアなのだが、数時間にはプールに入ったのかと思うほど充血しているケースだ。

これは目薬の中に血管収縮剤が入っている為で、目薬を差した直後は目の毛細血管が収縮し白目がクリアになったようにみえる、いわば『錯覚』なのだという。

これらの要素を省き、最低限の成分だけ入れているのがロート・ビタだという。目薬のヘビーユーザーにはオススメのアイテムだ。

いかがだろうか。
ドラッグストアを活用し、常備薬を組ませ、医師に相談すれば、貴方の健康はある程度まで守れるという事になる。

まずはこれらの薬を買う前に、ドラッグストアの店員に相談してみよう。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【出待ち入待ち】マナー違反続出・出待ちトラブルを防ぐには?

そもそも、追っかけに何の興味もない人間からしてみれば、 『出待ち、入待ち』程迷惑な事はない。

記事を読む

生活に役立つ雑学

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【役立つ医療情報】血管が傷んでいる〜生活習慣病とは何なのか〈その②〉:第5回「ロハス・メディカル」セレクト版

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

【思い込み危険】思い込みが激しい人が重要な事を聞きそびれる理由とは?

思い込みが激しかったり、 話し出すと聞いている人の、相槌もさえぎるほど 喋り散らかす人がいます。

記事を読む

風邪に心身の休養が必要な理由

大事な仕事があるのに、風邪やインフルエンザになって 悪化してしまった。 そんな事はないでしょ

記事を読む