*

【AppleMusic】パケ死しない定額制到来!脅威のAppleMusicとは

ad



  

2015年7月1日、配信音楽の黒船
Apple Musicが利用可能になった。

何が凄いか。

巧く使えばパケ死しない事

スマホやタブレットを使うのは
SNS以外は
音楽、動画、雑誌媒体など配信モノ利用目的

という人が大半な中、

パケ死は死活問題。
配信モノはwifi利用は鉄則。
music1
そんな中、
Apple Musicのスゴさ、さっくりさぐってみた。

利用前にOSアップデートの下準備が必要

Apple Musicは、iOS8.4以上から
利用可能なので、
OSをアップデードする事から始める。

iphone、ipadなどのデバイス容量が足りず、
なおかつwifi回線でダウンロードしずらい場合は


パソコンからiTunesを使ってiOS8.4をダウンロードし、
デバイスにケーブルでデータを送るという手もある。

ローカルデータに写真、動画などがある場合は
ダウンドードの妨げになるので
消してしまうことをお勧めする。

三ヶ月無料の太っ腹

Apple Musicの強みといえば、
今までどおり、itune musicも聞く事が出来て、
Apple Musicも利用出来る。
music3
オフラインでも楽曲が聴ける。
これは明らかに、
業界最大手Spotifyがオフライン配信に力を入れているのに
目をつけたとおもわれます。

Windowsでも、iTunes 12.2をダウンロードすれば
聞く事は可能で、
Beats 1に限りRadioから無料

で聞けることも魅力だ。

ただしトライアルの場合でも

無料期間終了後の1ヵ月分料金(980円)は
利用料を前払いする必要がある。

この前払い料金は
3ヵ月間無料トライアル期間中に
継続する気がなければ解約すれば
料金は発生しない。
music2
著作権の問題で参入に難色を示していた、
テイラー・スウィフトの条件をのんでまで
参入しただけあり、appleもかなり自信があるのだろう。

洋楽をメインに聴きたい人むけ?

Apple Musicは発祥の地が米国なだけあり、
曲のチョイスは、洋楽中心。

気分次第で音楽をチョイスできる
ジャンル別サービスがあるのは
魅力的で、音質もいいのだが、


日本人の大半がこの音楽配信サービスを
選ぶかといえば少々疑問。

日本には、J-POP、ロック、ナツメロ、アニソン、
特撮、ジャズ、諸々あるのでこれらを全てカバーしきれる
邦楽聴き放題がないのが難点。

今の所、聞き放題で幅広いジャンルの楽曲を
カバーしているといえば『スマホでUSEN』だが、
これもコアな楽曲をカバーしきれているか疑問です。

配信サービスが始まったばかりのApple Music。
三ヶ月でどこまで日本の期待にこたえられるだろうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

女子大生アイドル重体に見る、会いにいけるアイドル終焉

『会いにいけるアイドル』の時代は、 終わりつつあるのかもしれない。 (C)SOLID GIR

記事を読む

このカバーがすごい6選!2015年度まとめ

みなさんは音楽のカバー曲は好きですか?実は原曲よりもいい曲になっているのでは?といわれるカバー曲も音

記事を読む

安室奈美恵電撃引退!原因は?その後の活動予定は?

歌手・安室奈美恵の電撃引退騒動で、芸能界のみならず、世間のざわめきは止まらない。 海外に到着しまし

記事を読む

【SMAP解散】SMAP解散に見る業界争いとは?

ジャニーズ事務所の看板でもあったSMAPが 解散という衝撃のニュースが走り、ファンが騒然としている

記事を読む

【邦楽ロック】2014年オススメのバンド特集!第1弾

まだまだ熱い!邦ロックまとめ 筆者がオススメする邦楽ロックバンドと代表的な曲をまとめてみました!

記事を読む



  • Sorry. No data so far.