*

【とんねるず解散】冠番組なくなったら引退・その理由は?

ad



  

お笑いコンビとんねるず(石橋貴明、木梨憲武・53歳)が
芸能界を引退する説が浮上してきた。

その裏には、冠番組の存在と
あるプロデューサーの存在があるらしい。

引退は早ければ’15年秋、遅くても来年春

この噂が流れたのは、某民放関係者からだった。

『番組編成の関係で、早ければ’15年の秋、
遅くても’16年春には冠番組が姿を消す

からだ。
tonnels1
週に10本以上の冠番組をもつこともあり、
’05年まで公表していた高額納税者の中には
2人ともランクインしていた程。

何がそこまで2人を決心させたのか。

製作担当者が島流しに

唯一残っている、とんねるずの冠番組
『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジ系)は

コストパフォーマンスの悪い番組である。

2人のギャラが800万以上になっているのが
一番のネックだが、それ以上に番組の制作費は

1本あたり3000万円になっている

コストパフォーマンス的に言えば、
業界ワースト3に入るのだから、
民放が黙っているはずもない。

さらに局側に悪影響を及ぼしたのが、
若手女優の広瀬すず(17)が、番組内で
裏方を侮辱したと受け取れる発言をしたにも関わらず
ノーカットで放映、ネットで炎上。

suzu
番組関係者から非難の声があがっていた事が
油雑巾に火となった。

今までどんな事があっても
『彼の顔があれば大丈夫』だったという、
フジの制作局幹部だった某氏が’15年6月の異動で子会社へ。

これでフジ側に、とんねるずを庇うものは
居なくなった事は確かである。

そもそも
『笑っていいとも』が潔く身を引いたのに、
炎上騒動起してまでいつまでこの番組続いてるんだ?

と思った人も居ただろう。

局そのものを立て直したいフジにとって
かつて局の看板だったこの番組は重荷なのだ。

冠番組がなくなれば引退するつもりだった

帝京高校の同級生がコンビを組んだ、とんねるず。
tonnelsgakusei
『お笑いスター誕生!!!(日テレ系)』のグランプリ獲得後、
『夕やけニャンニャン』、『ねるとん紅鯨団』、
『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジ系)と
次々に『稼ぐ冠番組』を持ち、

バブル時代から平成不況、芸人飽和時代をものともせず、
稼ぎまくり、鈴木保奈美、安田成美という、
業界人も羨む程のよく出来た女優の妻を持ち、
2人とも、もういいではないかと思うのだ。

それもそのはず、
2人とも
冠番組のオファーがこなくなったら、一線から身をひく
つもりなのだそうだ。

本気で身を引くなら、褒め称えたい。
芸能界の甘い話に乗って、のこのこと出てきて
人生をしくじったら、

『しくじり先生』になってしまうじゃないか。

芸能関係者によると、2人とも、
1日10万円使ったとしても一生暮らせるほど資産があるらしい。

ならば普通に暮らしていくのが一番なのだと思う。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

斉藤由貴が劣化をとりもどし綺麗になった!

斉藤由貴が久々に綺麗になって私たちの目の前にあらわれました。 毒女ニュースより いったい

記事を読む

新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます

いままでビジネス書の依頼は断ってきた著者。 現在育休中というので、引き受けたというのが 判る本だ

記事を読む

【動画】ももクロのリアクション担当!?www有安が面白い!

「箱の中身はなんだろな」に挑戦する有安     有吉「有安

記事を読む

元小結・高見盛審判デビュー!力士が振ってくる2日目をクリア

日本人横綱・稀勢の里誕生で、近年稀に観る事ない、相撲ブームの中、密かに注目を浴びているのが、元小結・

記事を読む

AKB歴代売上枚数から、200万枚達成の時期を予想をしてみる

AKBは200万枚達成するか 今や国民的アイドルのAKB48、人気が出てからもう4年くらい。今後ど

記事を読む