*

【暴言王】トランプが大統領になってもいい事はない?

ad



  

スーパーチュースデーも終わり、共和党大統領候補者、
ドナルド・トランプ(69)の勢いが止まらない。

このままで行くと、7月の党全国大会の指名は獲得しそうだ。
tramp
偉大なる暴言王と言われ、大風呂敷の割に具体策に
乏しいトランプが、何故ここまで人気を獲得するのか。

トランプが、人をひきつける理由

トランプは、自分の支持層を把握し、彼らが理解しやすい様に

庶民の簡単な言葉でメリハリをつけて話す。

支持層が何に不満を持ってるか的確に判断し、
彼らが不満を持っていそうな事に、同感、憤慨する。
偉人の言葉の引用は使わず、スピーチ原稿は自分の言葉で書く。

そのやり方が、憤慨する『標的』を決め、
暴言でコキおろすという形を取るので、
暴言王と呼ばれているだけで、基本は、


支持層が社会に対し、不満がある事を理解、共感し、
一緒に憤慨する。

三流選挙演説のように、
つまらない解決策は言わない。
m_ASJ3856Y5J38UTFK008
この間の、
『保育園落ちた、日本死ね』騒動で、安倍総理の失言で、
一番足りなかったのは、トランプが持っているこの力である。

トランプに似ている諸外国の政治家は

過去にトランプと、そっくりな政治家が居なかったわけでもない。
仏右翼・国民戦線前党首ルペン(87)だ。
rupin
娘マリーヌに党首の座を明け渡したとは言っても、

政治方針や支持層が変わったわけではない

ルペンの支持層は、トランプの支持層と酷似している点も
注目すべき点だ。

有能な移民に職を奪われた低所得者層で、
自国の復活を移民排斥という形で願うものたちである。

その為、昨年の決選投票では国民戦線の独走を止めるべく、
与党・社会党と中道右派が歩み寄るという事態も起こった。

娘の代となり、父ルペンの代にあった反ユダヤ主義を
表向きは取り除いたものの、娘が党首となった今は、
イスラム教徒とグローバリゼーションを
敵視する政策をとる国民戦線。

フランスとしては、自国内での無駄な政治家同士の争いは
避けたい所だろう。

大統領になっても日米にとっては・・・

仮にトランプが勝ったすれば、
米国で創業しながら税金を米国に落とさないグローバル企業は、
真っ先に経済制裁の槍玉にあがる。

TPP問題は、都合のいい所だけ、解放しろとゴリ押しされるだろう。

ロビイストに左右されない政治家というのは
正直なところ成金なのだ、つまり
金のある奴強い奴

になってしまう。

人を操るノウハウだけ覚えた政治初心者を
大統領に選んでしまうのは、
大根役者を選んだレーガン以来の悲劇かもしれない。
ronyasu
あの頃の日本は中曽根総理だったが、今は違う。

今の政策のままでいくなら、
サンダースが大統領になる事が、
国際上望ましいとされているが、
どうだろうか。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

【無料充電スポット】無料充電スポット兼Wi-Fi日本でも

NYではお馴染みになっている、スマホやタブレットの 無料充電兼Wi-Fiスポット『Street C

記事を読む

2017秋最新版・洋服リサイクル情報まとめ

台風一過となり衣替えの季節が本格化していますが、買ったはいいけれどまったく出番がなかった服もあったと

記事を読む

ウンチクのつまらないオヤジは老害になる危険性も?30代から出来る内面磨きとは?

オヤジのウンチクは、つまらない。 そのつまらなさといえば、オバサンのカフェの長話ぐらい罪である

記事を読む

目立つ『観光公害』原因は、利益に甘んじる観光地と、在日中国人の『同胞喰い』か?

GWもすぐそこ。観光地には、平日以上に観光客が集中する。問題となるのが、訪日観光客のマナーの悪さだ。

記事を読む

仕事を辞めたい…自由になりたい…そんなあなたに贈る物語

仕事を辞めたい、誰もが一度は思ったことがある気持ち。満員電車での通勤、くだらない上司、夜遅く

記事を読む