*

目立つ『観光公害』原因は、利益に甘んじる観光地と、在日中国人の『同胞喰い』か?

ad



  

GWもすぐそこ。観光地には、平日以上に観光客が集中する。問題となるのが、訪日観光客のマナーの悪さだ。

宿泊費、交通費、提供旅行会社以外に、一切地域にお金を落とさない『素通り観光客』が観光公害としてここ10年来問題になっている。

スタバで、家族連れで入店し、ドリンクを注文するのは1人だけ、他の4人はスマホを見ているというのは、昔はタチの悪いヤンキーか、安ホストだけだったが、今では中国人や韓国人でもよく見られるようになった。

京都の観光地に住む人の中には、GW期間中に、旅行代金が高いのを承知の上で、あえて国外に旅行する人もいる。観光地としての質が落ちるのを、現地の人間が止められない原因はどこにあるのか?

365日荒れ続ける京都の実態

筆者の親族や友人は京都に住んでいるが、ここ10年
365日、当たり前のマナーすら守れない観光客に悩まされているという。

観光客で、潤う事がないと証明されていれば、条例をしいて規制して追い出してほしいというのが、住民の本音だそうだ。

以前は、GWやお盆など、大型連休の時に全国各地から来る団体客や、子供連れに対して我慢するだけでよかった。そもそも祇園祭の鉾にあがる権利も本来は、京都の織物問屋から着物を買った見返りだった。そんな事も判らない人間が、どやどやと来るというだけで腹正しい人もいるだろう。

わびさびの静寂さや雅な雰囲気を味わうための寺院も、昼前からは、大型のスーツケースを弾いた訪日観光客か、年柄年中どこでも観光出来るバックパックに登山帽の日本人観光客に埋め尽くされている。

往々にして、彼、彼女らは五月蠅い。見れば判る事でも大声で聞く。それだけで観光地の情緒がなくなる。寺院が本来持つ美しさを味わう為なら、朝一番に行かなくてはいけない。

観光地沿いに住む地域住民の足が自転車か原付なのは、京都が碁盤の目の道路で、交通機関をいちいち使うと高くつくのもあるが、どこにいっても観光客まみれで車がつかえないからだ。バスはベビーカーを広げた横柄なヤンママと、スーツケースの観光客で一杯になっている。

観光情報誌や、SNSのせいで、地域住民の行きつけのお店や、パン屋に至るまで、どこの誰かも判らない人々からの予約が殺到している。以前見かけた光景で驚いたのが、大通りから三本もはずれたパン屋の前に、3ナンバーのBMWが止まっていたことだ。

そのパン屋は、近くにある公団の住民がよく買いに行くパン屋なのだが、こうした客がSNSの口コミを見て来店する様になってから、地域住民が行っても売切れという事が多くなった。


©livedoor.jp

こうした事態に対処する為に、老舗料亭の中には、HPの多言語表示をやめたり、電話で相手の日本語が可笑しいかどうかを探り、予約を調整しているという。

それだけではない。民泊の需要で、単なる空き地に1億円近い売値が付き、今まで誰も買わなかったであろう土地にある日突然、長期滞在型の民泊が出来ていたりするのだ。勿論、そこの宿泊客がゴミだしのルールを守るかといえば、そうではない。

筆者の知り合いには、40をとうの昔にすぎたニートが居る。
デパートや各商業施設、飲み屋に近い、京都中心部の一等地に住んでいるので、先祖代々の土地を駐車場と民泊にして、高校卒業以来全く働いていない。

真面目に働いている筆者から見れば呆れた話だが、彼女の様な人間は、観光地の劣化に対して全く自覚がない。いい店だと思ったら、老舗料亭で修行した隠れ家的飲み屋から、ストリップ劇場まで同じ目線で宣伝している。この様な人間が観光地に居て宣伝塔になると、ますます観光地の質が劣化する。

多くの人々が、観光に行く際に、SNSの投稿や、発言力のある人の意見を参考にすると思うが、日本でも有名な観光地京都でもこの様な現象が起きているのだ。地元資本でない店が、京野菜とうたい輸入野菜を訪日観光客に食べさせている所もある。地元資本ではないので、当然の事ながら、京都にお金はビタ一文残らない。

昨今、訪日観光客が問題視される原因の一つは、この様に
観光に来て、日本にビタ一文落とさない観光客が大半を占めるという事なのだ。

日本にビタ一文落とさない中国人たち

何故、地元にビタ一文落とさない観光ツアーが平然と組まれているのか。

それは、旅行会社の多くが東京や大阪など大都市を拠点にしたフランチャイズ会社である事、巡る観光拠点も大手家電量販店や、TDLやUFJなど大手資本のアミューズメント施設、もしくはデパートである事、宿泊施設もやはり大手フランチャイズである事が要因として挙げられる。

当然の事ながら、情報量が多い大手が企画したものの方が海外に情報が行きやすいだろうし、リピーターの確保もしやすい。あくまでこれは『一般的な訪日観光客』を対象にした場合である。

だが中国人や韓国人相手となるとそうはいかない。特に訪日観光客の3分の1を占めると言われる中国人ならなおさらだ。

中国人は概して肉親以外は心底信用しないという通説がある。日本を旅慣れた中国人や、富裕層の中国人、80年代、90年代の裕福な学生たちは情報量が多いので、あてはまらないかもしれないが、同胞喰い
©sankei.com

同胞喰いのターゲットとなるのは、日本に来るのが1~2回目という、中国からの観光客。情報量が少ない無学な観光客を狙うのが、在日中国人の旅行代理店だ。

彼らは、大陸の闇白タク斡旋業者と手を組み、成田国際空港や、関西国際空港に白タクを張り付かせて、大陸から到着した中国人をワゴンで出迎える。この車、もちろんの事ながら日本人は乗れない。闇ビジネスなので元締めもある。日本の交通機関にさえ金を落とさないのだから、どれだけ厚かましいか判る。

中国人観光客が日本に来るのが初めてという事を利用し、闇白タクの連中は、知り合いが経営する飲食店に『日本でも口コミで有名だ』とウソをつき、家電量販店も『〇〇デンキより、こっちの方がいい』とホラを吹き誘いこむ。これがデリヘルにまで至るというのだから、観光公害ならぬ観光詐欺である。

中国人観光客が、同胞喰いに気付くのは、大陸に帰ってから。にも関わらず彼らは、日本人はとんでもなく悪い奴だと洗脳されている。これではたまったものではない。

正規のルートで観光しなかった上に、同胞喰いに遭い、日本に来たにも関わらず、中国人の店に行き、ぼったくられたのだから、自己責任もいい所なのだが、こんな観光客が日本に来ているという状況は喜べない。

©livedoor.jp

韓国から来る医療ツアーも、ここまで行かないが同じ様なものだろう。
ヒマそうな病院に、どやどやと団体で人間ドック御一行が小さなクルーズ船押しかけて、地元にはビタ一文落とさず、提供病院と船舶会社にだけ金を払って帰っていく。これでは真の意味でのインバウンドとは言えない。

こんな状況を、正規のツアーを案内する通訳案内士たちは、どう見ているのだろうか?

通訳案内士を脅かす闇ビジネス

日本に通訳案内士は2万人いるが、その9割は英語で、中国語は2400人しかいない。潜在需要が見込まれるフランス、ドイツ、台湾、インド、タイはもっと少ない。

中国人はその盲点を突き、同胞喰いを闇ビジネスとして始めたわけだ。しかも彼らには闇ビジネスという自覚はない。合法だと思っている所がタチが悪い。郷にいては郷に従うという事もない。


©recordchina.co.jp

闇ガイドを見抜く方法は簡単だ。旅行代理店が用意した旗も持たず、ブレザーも着用せず、資格証明書もない。ガイドに群がる中国人たちは整列もせず路上を歩く人の邪魔になっている。

その代わりに季節外れの妙なマスコットを持っていたり、とんでもない格好をして案内している。正規のガイドは元貿易商や、商社に居た人が多いが、闇ガイドは、旅行代理店とは名ばかりで、ヤクザまがいの仕事をしている。

この様な観光客の為に、観光インフラとして公衆トイレの増設をする事は妥当とは思えない。

国連は、’17年を『開発の為の持続可能な観光国際年』としていた。持続可能な観光地というのは、大勢の人に、単純に来てもらうというのではなく、人数よりも質を考慮して何度も来てもらう事である
観光もそうだが、質を考慮しない娯楽は必ず廃れる。その事を覚えて貰いたい。

今、あなたにオススメ

ad



関連記事

筒状のお菓子袋の閉じ方 便利ライフハック

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

予約は早めに!皆に喜ばれるクリスマスケーキ特集【11選】

クリマスマまで3週間を切り、プレゼントやケーキの予約などで忙しくなってくる人も多い時期です。今日は、

記事を読む

エアコンの洗浄はオフシーズンにする理由

暑さ寒さも彼岸までといいます。 この時期に、お引越しをされないのでしたら、 是非前もって業者さん

記事を読む

【悪用禁止】日常生活に役立つ心理学まとめ3【知ってよかった雑学】舌を出すのは している【毎日が楽しく過ごせる恋せよ乙女ちゃんねる】

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

あなたの人生を楽にする4個のライフハック – SONIC M

暮らしに役立つ動画を紹介 暮らしや生活に役立つ動画をYoutubeから厳選して収集しています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)